たるみが気になる! HOME  >  

たるみが気になる箇所
二の腕

半袖を着る季節になると、腕が気になりますね。

二の腕のたるみは、30代後半くらいになると誰でも気になる箇所です。たとえお腹が引き締まっていても、二の腕がたるんでいると太って見えます。

女性のやわらかい二の腕が好きという人もいますが、自分自身としては引き締まった腕の方が良いと感じている人は多いのではないでしょうか。

 

実は脂肪ではない?

ダイエットをしても、二の腕のたるみはどうしても取れないという人もいます。

実は、二の腕のたるみは脂肪ではなく、筋肉の衰えや、筋肉不足であることが多いのです。

日々、けっこう重たい荷物を持って歩くので筋肉には自信がある、という人でも、二の腕がたるんでいる人はいます。

これはなぜかというと、腕の筋肉には二種類あり、そのバランスが悪いとたるんでしまうからです。

 

腕の筋肉のうち、重いものを持つ時に使われるのは上腕二頭筋という筋肉です。よく、力があることを表すのに力コブを出したりしますね。あの部分が上腕二頭筋です。

しかし、二の腕のたるみの撃退に必要な筋肉は、その裏側にある上腕三頭筋です。

上腕二頭筋は発達していても、裏側の筋肉がないのでたるんでしまうんですね。つまり、腕の裏側を鍛えれば、二の腕のたるみは解消出来るのです。

上腕三頭筋を鍛えるには、ダンベルを使うのが簡単でわかりやすいです。ものを使わないなら、腕立て伏せが効果的ですよ。

ダンベル体操や、二の腕のたるみ解消の運動は、動画サイトで探すとたくさん見つかります。自分がやりやすい運動を見つけて、継続していくと引き締まった二の腕が手に入るでしょう。