たるみが気になる! HOME  >  

たるみが気になる箇所
目の下

目の下のたるみは、イヤですね。夜、電車に乗っていて窓に映った自分の顔を見て、ギョッとしたことがある人は少なくないと思います。

目の下のたるみは人の目にもつきやすく、疲れて見えたり老けて見えたりします。顔の他の部分がハリがあっても、目の下がたるんでいたら若々しくは見えません。

 

目の下はなぜ、たるむのか

たるみは、皮膚内部がハリを保てなくなることで現れます。しかし目の下に限っていえば、目の周りにある筋肉が衰えてしまうことでも起きるのです。

目の周りには、眼窩脂肪というものがありますが、眼輪筋という筋肉が衰えることで、この眼窩脂肪が飛び出して見えます。それが、たるみになるのだそう。

また、近年は一日中、パソコンやスマホの画面を見ていることが多いですよね。

こうした機器から発せられている、青色の光線は目に刺激を与えるため、目がとても疲れます。

毎日、一日中目を酷使することで、目が疲れてしまう。それにより、目の周りの血行も悪くなります。

血液循環が悪くなると、皮膚や筋肉に十分に栄養分が行かなくなります。つまり、老化が早まるのです。

結果的にたるみやシワの原因になると考えられています。

つまり、目の下のたるみを予防するには、十分な睡眠を取り、1日のうちでも時々は目を休めることです。

できてしまったたるみも、マッサージや保湿クリームをつけることで、改善出来ることもあります。

外科的にはヒアルロン酸を注射するなど、方法は色々ありますが、まずは自分でケアをすることですね。

たるみは長く放っておくと改善しにくくなるので、早めにケアすることが肝心です。