たるみが気になる! HOME  >  

たるみの解消・予防には
手術

自分でおこなうたるみ解消法はいろいろあるのですが、なかなかそう簡単には効果が表れないものです。また体質によってはどうしようもないということもあります

そういった場合にはいろいろな手術や治療法があるのです。

メスを使わないたるみの解消法としては、レーザー治療が効果的です。レーザー治療は照射することで皮膚の細胞を活性化させることができますので、たるみが解消されるのです。特にメスを入れたくない顔などに用いられることが多いようです。またレーザー光線よりも強い波長のラジオ波というのも肌の張りを出すのに効果があります。肌に直接美肌成分を注入するという方法もあり、主にコラーゲン注射、ボトッックス注射、ヒアルロン酸注射などがあります。

こういったメスを使わない治療法でも解消できないという場合には、外科的治療法もあります。その方法というのは症状にもよります。かつて太っていて激やせしたために皮膚が余ってしまい、それがたるみとなっている場合には皮膚を切除するという手術があります。またこれは妊婦の場合も同じようなケースがあります。また太っていて、部分的にたるみを取り除きたいという場合には、邪魔な脂肪を取り除く脂肪吸引という方法もあるのです。

また、最近では医療技術も進化してきており、メスを使ってもほとんど傷が残らないフェイスリフトという顔の筋肉を持ちあげる美容整形もあります。ですが、少なからずいろいろなリスクは伴いますので、それは覚悟の上でおこなわなければならないのです。