たるみが気になる! HOME  >  

たるみの解消・予防には
食生活

たるみというのは、皮膚の乾燥や脂肪の付き過ぎ等が主な原因となります。

近年は食生活が欧米化してきたと言われており、日本人も脂肪分の高い動物性食品や乳製品を好んで食べるようになってきています。そのため脂肪がつきやすく、それが元でいろいろな部分のたるみとなってしまうのです。

たるみの解消には、そういった食生活の改善も重要になってくるのです。もちろん、動物性食品を食べてはいけないというのではなく、食べ過ぎに注意するということですので、バランス良い食生活が望ましいのです。

バランスの良い食事の中にも、たるみの解消に良い食品を多く摂りいれるとより効果が高いのです。たるみの解消に適しているのが大豆イソフラボンです。大豆イソフラボンというのは大豆そのものよりも加工した納豆や豆腐などから摂取する方が吸収率がアップするのです。大豆イソフラボンは女性ホルモンと同じような働きをしますので肌の保湿成分が高く、肌の張りを保つために効果的です。またアシタバや玉ねぎなどに含まれる抗酸化作用のあるポリフェノールを摂取することでも美肌効果が上がります。

また食生活において最も成分を吸収しやすいのが寝ている間(夜)ですので、夕食にそういったたるみに効果のある食べ物を摂取するとより効果が高まり、逆に動物性食品等を多く摂取するとたるみを増長させてしまう可能性も高くなるのです。

ジャンクフードも多く摂取すると脂肪がつきやすいだけでなく、血液もドロドロになりかねません。それにより新陳代謝もおこなわれなくなりたるみとなることがあるのです。