たるみが気になる! HOME  >  

たるみの解消・予防には
表情筋を鍛える

たるみの中でも最も気になるのが、目の下や瞼、頬などを合わせた顔のたるみです。

顔のたるみを解消・予防するためには、顔にある筋肉、表情筋を鍛えることが大切です。表情筋というのは笑ったり怒ったり話をしたりする時に使われる筋肉ですので、あまり表情を変えない、無表情の人はこの表情筋が衰えやすいと言われています。とはいえ、毎日笑って過ごしているからといって表情筋は衰えないというわけではないのです。普段の生活の中で使われている表情筋は全体の30%に満たない程度ですので、それ以外の部分は使われていないということになります。そのため、老化や疲れ、ストレス等で年々衰えて顔がたるんでしまうのです。

もちろん、表情を豊かにするということも大切ですが、表情筋を鍛えるにはエクササイズがとても有効です。やり方はいくつかあるのですが、簡単な方法をお教えいたします。

まず右の頬と右の口角を上げるようにし、上げたまま2~3秒キープします。その後左の頬と左の口角も同じように行います。これを左右交互に10回づつおこなうという簡単な方法なのです。これを毎日欠かさずおこなうことで表情筋を鍛えることができますし、それだけでなくリフトアップ効果もありますので、顔が若返ってくるのです。身体全体を使ったエクササイズではないので、テレビを見ながらでも簡単にできます。

また日常生活において話をする時に大きな口をあけて話すというだけでも十分に表情筋を鍛えることができるのです。