たるみが気になる! HOME  >  

たるみの原因
活性酸素

たるみの原因となっているのが体内に活性酸素が増えてしまうことです。活性酸素は三大成人病と言われるガン・心臓病・脳卒中などの原因とも言われているもので、それ以外にも肌や筋肉へも悪影響を及ぼすのです。

活性酸素は、肌のハリ・弾力に欠かせない体内のコラーゲンやエラスチンを変形させてしまい、たるみが起こってきてしまうのです。

また、活性酸素は細胞の情報をつかさどるDNAを傷つけてしまいます。それにより身体の新陳代謝が正常に行われなくため、古くなってしまったコラーゲンがうまく代謝されなくなるのです。そうするとそのまま硬くなってしまいたるみができやすくなってしまうのです。

活性酸素が増えてしまう原因にはさまざまあり、紫外線、ストレス等でも増加してしまいます。またタバコを吸う人なども活性酸素が多くなる傾向にあるのです。

活性酸素をなくすためには、増えててしまう原因となる要素を排除することが大切です。紫外線は日焼け止めなどで防御する、ストレスを溜めない、ストレスを解消する、タバコを止める、本数を減らすなどが重要になります。

また、活性酸素を抑える効果のある物質を摂取することでも解消できます。その物質とは抗酸化物質と言われるもので、ポリフェノールやカロテノイド、ビタミン、コエンザイムQ10、αリポ酸などがあります。食品で言うと、納豆や豆腐などの大豆加工品(イソフラボン)、トマト(リコピン)、トウガラシ(カプサイシン)、ケール(ルテイン)などいろいろあります。