たるみが気になる! HOME  >  

たるみの原因
喫煙

近年、女性もタバコを吸う人が増えてきています。このタバコも実は顔や身体のたるみを起こしてしまう原因の一つなのです。

タバコに含まれているニコチンというのは、血管を収縮させてしまうのです。そのため血管が伸縮しにくくなるため、十分に身体の隅々まで栄養分を届けることができなくなるのです。当然皮膚や筋肉までも栄養分が運ばれなくなります。そのため、たとえ食事で十分な栄養を摂っていたとしても吸収されないのでいわば栄養不足ということになるのです。

またタバコを吸うと体内で大量の活性酸素を発生させることになります。活性酸素というのは細胞を酸化させ、老化を早めてしまうのです。そのため、筋肉や肌などが衰えてしまいたるみとなるのです。また活性酸素は、肌の潤い、ハリを与える効果のあるビタミンCまで消費してしまいます。1本タバコを吸うことで25~50mg消費してしまうのです。そのため、うるおい成分を失った肌はシワやたるみが発生してしまうのです。

タバコというのは、自分自身に悪影響を及ぼすだけでなく、吐いた煙を吸うことでも身体へ悪影響を及ぼします。そのため、自分はタバコを吸わなくても、周りに大量にタバコを吸う人がいれば同じことなのです。

タバコをやめると、太ってしまいそれが原因で脂肪が増えたるみになってしまうのではないか?と思う人もいますが、基本的にタバコをやめた事で太るのではなく、タバコを止め口さびしくなった、ご飯がおいしくなったということで食べ過ぎてしまうことが原因なのです。なので、タバコをやめてもしっかり自己管理ができればたるみは起こらないですし、健康的にもいいのです。