たるみが気になる! HOME  >  

たるみの原因
睡眠不足

睡眠というのは肌を美しく保つためには重要なことなのです。

睡眠が不足すると新陳代謝も活発に行われなくなる為、肌荒れを起こしますし、ゆくゆくはたるみとなってしまうのです。睡眠中というのは細胞が活発に活動しタンパク質の合成が盛んになります。

そして細胞に栄養分を届けるのも睡眠中が一番なのです。また、細胞は寝ている間に一番成長しますので、睡眠が足らないと細胞分裂も活発に行われなくなるのです。

一般的には人間は一日に6~8時間程度睡眠をとるのが理想的と言われています。ですが、ただその時間を寝ればいいのだというわけではないのです。朝方から昼間にかけて8時間寝たところで効果は半減してしまいます。やはり当たり前のことですが、夜に眠るというのが理想的なのです。細胞分裂が活発に行われるのは、午後10時くらいから午前2時くらいまでの4時間と言われています。

この時間に就寝することが一番肌にはいいのです。逆に夜眠るといってもその時間帯に起きていて午前2時くらいから8時間寝ても意味がないのです。

また、睡眠中というのはもっとも肌が乾燥しやすいと言われています。また、夏場はクーラー、冬はファンヒーター等をかけて寝るという人は、知らず知らずのうちに肌が乾燥してしまいます。当然寝る際にはタイマーをかけるなどして止めることが大切ですし、寝る前にはしっかりと美肌ケアを行い、たっぷりと肌に潤いを与えてから眠るということが大切です。肌の環境が整い適切な時間に眠れば、起きた時に肌がプルプルになり、たるみも解消されていきます。