たるみが気になる! HOME  >  

たるみの原因
ストレス

ストレスとたるみとは無関係と思われがちですが、実はそうではないのです。

身体に強いストレスを感じてしまうと、身体にいろいろな負荷をかけてしまうことになります。ストレスを受けると血管を収縮させたりするため、肌へ十分な栄養素を送れなくなってしまいます。また体内で大量の活性酸素が発生してしまいます。

活性酸素は細胞を参加させてしまいますので、それが引き金となり老化が進んでしまうのです。肌への影響として肌の弾力に欠かせないコラーゲンやエラスチンを変形させてしまいますので、肌のたるみとなってしまうのです。

また自律神経も乱れ、脂肪がつきやすい体質になってしまい、それによりたるみが発生することがあります。またストレス解消のために大食い、偏食をするということも脂肪を増加させてしまうことにもつながります。逆に、ストレスが強すぎて食事がのどを通らないということになれば、栄養分補給されませんので肌荒れの原因ともなってしまうのです。

ストレスを溜めない事、ストレス解消がたるみをなくす対策となるのです。とはいえ、ストレスをためないようにと思っても、状況によってはそうはいかないものがあります。仕事のストレスは仕事をやめない限り解消されないということもありますし、人間関係の悩みもそう簡単に解消できるものではないです。そのためストレスを溜めないということよりも、運動や趣味などに没頭する時間を作るなどして、少しでもストレスを解消できる方法を考える事も大切です。