たるみが気になる! HOME  >  

たるみの原因
紫外線

肌のたるみとまったく関係ないと思われがちなのが紫外線です。紫外線というと肌のシミなどが発生する危険性があるというイメージもありますが、たるみの原因となる事もあるのです。

紫外線というのは、皮膚の表面に影響を与えるだけではないのです。紫外線は波長の長さによってUVA(紫外線A波)、UVB(紫外線B波)、UVC(紫外線C波)に分けられます。その中でUVAは半分近くの光線が皮膚の内部まで浸透し、真皮にある肌のうるおい成分であるコラーゲンやエラスチンを破壊してしまうのです。それにより肌の弾力性が無くなり、たるみとなってしまうのです。

ですが、紫外線はしっかりと対策を講じれば防ぐことができるのです。もちろん屋外に出なければ多くの紫外線を浴びることがないので、たるみの原因にはなりません。ですが、ずっと室内にいるというのは無理ですので、外出する際の対策が大事なのです。

一般的には紫外線をカットする日焼け止めクリームが効果があります。ドラッグストアやスーパーでも手軽に購入できますので、特に紫外線が強い時等は用意しておくといいです。UVAの防止効果を示す表示はPAで、一般的に販売している日焼け止めクリームではPA+++がもっともUVAをカットしてくれます。

日焼け止めを塗ったとしても、かなり強い紫外線の場合には影響を受ける事もあります。その際には帽子をかぶったり、長袖を着たりなどの二重の対策も有効です。意外と腕などはケアし忘れがちで、車の運転の際に肌が傷んでしまうということもあります。その際にはUVフィルムを張るなどの対策も効果的です。