「肌のたるみは何が原因?」

肌のたるみって、本当にイヤなものです。

顔だけでなく、身体のあちこちに現れるのが肌のたるみ。自覚するたび、

「若いころはハリもあって、ピチピチだったのに・・・」

って悲しくなっちゃいます。

年齢を重ねれば当然のこと、といえばそれまでですが、見た目年齢に直結することだし、老けて見られたくないのが女心ですからね。

できれば、たるみなんてないのが理想です。

 

老化現象と諦めてしまうのは簡単ですが、実はたるみって、他にも原因があるんですよね。

まずは紫外線。

肌の真皮層には、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなどの成分があります。これらは肌の保水量を保ち、内側からふっくらとした肌を作っているんですが、紫外線はこの大事な成分を、作られにくくしてしまうんです。

紫外線の中でも、特にUVAという種類の光線は、この大事な成分を作り出している繊維芽細胞にダメージを与えます。その結果、肌の弾力が失われて、たるみが発生するというわけです。

また、肌の乾燥もたるみの原因になります。

肌が乾燥すると、表面だけでなく角質層の水分保持力が低下してしまいます。すると、もっと奥の真皮層の水分も失われてしまい、これまたたるみが発生する原因になります。

さらに、表情筋や深層筋の衰えも。

表情筋は肌の奥深くにあり、表面の皮膚や、皮膚と筋肉の間にある脂肪を支えています。表情筋が衰えてしまうと、これらを支えることが出来なくなり、たるんでしまいます。

また、深層筋は骨の近くにある筋肉でもあるので、血液を顔全体に送り出す働きもしています。つまり、深層筋が衰えると、肌の血流が悪くなり、栄養が行きわたらなくなるんですね。

それもまた、たるみの原因になってしまうと考えられています。

他にも、姿勢の悪さがたるみの原因になっている、という説も。これらは年齢と無関係ではありませんが、若くてもたるみの原因になる、ということで見過ごせないと思います。

 

「たるみの解消に効果がある方法は?」

肌のたるみを解消する方法は、色々あります。

エステに行くとか美顔器を使うとか。たるみ予防の化粧品なんかも、さまざまあります。

たるみの原因は、突き詰めていけば肌がハリを失い、表面の脂肪や皮膚の重みに耐えられなくなっている状態。

なので、肌が健康であり、たっぷり保水されていれば、たるみは軽減すると考えられるわけです。

そのため、たるみ撃退に良いとされているのは、コラーゲンやヒアルロン酸を補給すること。そしてそれらの生成を阻害する紫外線と乾燥を防ぐことです。

コラーゲンやヒアルロン酸は、サプリや飲料で補給できるようになっていますし、美容医療ではヒアルロン酸の注入もさかんに行われているようです。

乾燥を防ぐための、保湿化粧品類は、それこそ本当にたくさん販売されていますよね。

男性でも、そういった化粧品を使ったり、美顔器を利用したり、エステに行く人だって、少なくない。それだけケアしていれば、充分たるみは解消できてるはず、なんですが・・・

中には、何をしてもぜんぜん解消されない、という人もいます。

どうしてなのか?そのヒントは、「皮膚は全身繋がっている」という点にあるんですね。

 

「たるみは全身をケアする必要がある」

ふつう、顔のたるみが気になれば、顔の手入れをしますよね。

でも、顔の手入れではたるみが解消できない、という場合は、全身をケアする必要があるんです。

皮膚は頭のてっぺんから、つま先まですべて繋がっています。血行も同じで、顔の血行だけを良くすることはできません。

全身を動かして、全体の血行を良くしてあげる必要があります。

筋肉が衰えているなら、全身の筋肉を少しずつ動かして、働かせてあげることが必要です。そのうえで、表情筋を動かすエクササイズをしてあげるといいでしょう。

表情筋のエクササイズには、口を「あ い う え お」と動かしていくアイウエオ体操など、手軽に出来るものがたくさんあります。

身体全体を動かすといっても、必ずしも激しい運動である必要はなく、ストレッチやウォーキングなど、負荷の少ない運動でいいんですよね。

 

食事の内容や寝具、日々の生活内の姿勢など、たるみに直結している原因は意外とたくさんあります。

ずっと下を向いて、悲しい顔や怒った顔をしていたら、皮膚はその形に固まってしまいます。

楽しい事をみつけて笑って暮らすことも、たるみの解消に役立ちますから、ぜひ笑って暮らせるように心掛けましょう。

出来ることは少しずつ行いながら、たるみも解消できて若々しい毎日を送れたら嬉しいですね。

 

年と共に訪れるのは「たるみ」だけじゃありません。

たるみが気になる年代、同じように髪にも白髪が増えてきます。染めれば良いのですが、髪や頭皮への負担が気になる人も多いはず。最近は染めるのではなく「隠す」という方も多いようです。こちらのウェブサイトでは白髪隠しの商品をいろいろ比較しているので、よろしければご覧下さい。